タイトルイメージ
最新ニュース


★4月15日(日)東京展運営委員会にて、ポスターデザインコンペの審査が行われました。応募作品の中から投票数の多い上位三点が選ばれ、さらに決戦投票で一点が選ばれました。賞金10万円とポスター作品は、作者との調整が済んだ東京展総会(5月下旬)までには公開授与される予定です。

★武藤順子展 津金学校(山梨県北杜市)での個展 会場風景をUPしました。リンク 山﨑 仁さんから資料を提供していただきました。

★東京展賞受賞記念二人展 ギャラリーGK 東京展賞を受賞された吉川潔さんと田代由子さんの二人展が開催されました。受賞にふさわしい 魅力ある作品が所狭しと並んでいました。来客の方々にも丁寧に対応されていて、とても好感の持てる展覧会でした。2018/4/2~4/7

★岩崎冬僊書展 東京・谷中の寺町美術館。2018/3/28(水)~4/1(日)。現代書道家として独自の道を歩む岩崎冬僊の個展です。抽象絵画のような書道のような、今まで誰も観たことがなかったような魅力あふれる作品が大小様々展示されています。π(=円周率)や、対数螺旋、ケプラーの法則などをテーマとした作品群や、天井につるされた半透明の和紙に書かれた作品群には驚かされました。
 

美術の祭典・関西展は盛会のうちに閉会いたしました。ご来場ご声援ご批評ありがとうございました。会場風景の画像をご覧になる方は、こちらをクリック

★美術の祭典・多摩展の案内状が出来ました。リンク

★現代絵画シリウス展 力ある作家による大作を中心としたグループ展です。鑑賞しながら各作家と対話もできます。参加作家が男性限定というコンセプトも話題になりました。来年は総括展が三鷹市民ギャラリーで開催されます。2018/2/26~3/4 ギャラリー暁

★東京展・受賞記念展が開催されました。ギャラリーセイコウドウにて(銀座)。リンク(リンク先ページ下部に会場風景の写真があります)。

★「生きること」をテーマにした立体作品で、昨秋、2017東京展最高作品賞を受賞した造形・人形作家の吉川潔さん(70=小平市)の作品展が2月21日(水)から羽村市生涯学習センターゆとろぎで開催される。風は冷たくとも、光に春を感じる季節。木や陶で生み出された“命”、温もりのある母子像など造形作品を訪ねてみませんか。(多摩地域のタウン誌[アサココ]より。画像リンクしています)

★プラネット・ナイン展・・東京展の若手作家を中心に構成されるグループ展です。今年が初回です。サロンど東京フレッシュ展・・東京展の初出品者からピックアップして展示されています。どちらの展覧会も興味深く、見ておきたい展覧会です。毎年2月上旬に開催されますので、今回お見逃しの方も来年を楽しみにしましょう。詳細は(個展・グループ展)を御参照下さい。
  

★東京展・春季会員展が開催されました。ギャラリー暁にて(銀座)。リンク(リンク先ページ下部に会場風景の写真があります)。

★山根 到個展 PADDLING 練馬区美術館で開催されています。PADDRINGとは、山根さんが開発されたプラスティック素材を独自に加工した技法のことです。この技法で特許も取ったそうです。公募展並の広い会場に作品がゆったりと並んでいます。抽象と具象を両方取り入れた独自の作風がとても魅力的で美しく、また現代的でもありました。水泳で日本で5位という経歴の持ち主で、展示されている水中を泳ぐ女性の作品のイメージと重なるものを感じました。

★第43回 美術の祭典・東京展でグルグルハウス賞を受賞された藤倉春日さんの個展です。本展会場では観られなかった小品もたくさん展示されています。色彩が明るく淡く上品な作品が並べられている個展は、洞窟のような立地の会場の中でたどり着いた花園のようでした。(ギャラリーGKにて)

★夢のイストワール展 東京展からもたくさんの方々が参加されていますが、今回は、故今村圭さんの作品が展示されています。写真は今村さんのご主人です。亡き妻への想いを熱く語られていました。故人も生きているように参加できるのですね。大崎ニューシティにて 2018/1/19~24

★新春イラスト展 東京展コミックアート部門に出品しているイラストレーターの中から、新春にふさわしい若き実力派を推薦致しました。新しいイラストの多様な展開をお楽しみください。東京展美術協会 田所一紘 (詳細は個展・グループ展参照)

★ゆく年くる年 百枚の写真展 2017年12月31日 13:00 ~ 2018年1月2日 17:00 岩佐俊宏さん主催の写真展。驚くべきは会期です。大みそかから2日まで!。さすがにHP取材係も家庭サービスで参加出来ませんが、皆さま方で時間の都合がつく方は是非お出かけ下さい。アートスペース銀座ワンにて。山下晃伸さんも参加を予定されています。

★Canvas Christmas Market
おしゃれでセンスの良い雰囲気の展示会です。小さなサイズの版画やアクセサリー、手作りクッキーなど。自由が丘から8分の所にあります。https://www.canvasgalleryjiyugaoka.com/

★みる。かんじる。うまれる絵本展 第5回目となる今回は、116点が集まり、大変にぎやかで素敵な会場作りが出来ました。(中略)来場者数は約5000人を数えました。世界に一つしかない手作り絵本の素晴らしさを実感して頂けたのではないかと考えております。(公益財団法人 大垣市文化事業団 理事長 早崎桂子)●画像クリックで拡大します。

★美術の祭典・関西展のホームページが出来ました。
http://www.tokyoten.com/kansaiten/

★第43回 美術の祭典・東京展で東京展賞受賞の田代由子さんの個展
神田神保町の老舗画材店 文房堂4Fギャラリーにて開催されています(11/25まで)。大作を含む個展にふさわしい広さの会場に、田代さんの近作がたくさん並び、とても見ごたえのある良い展覧会でした。

★さかさことば写真絵本展 絵本の部屋でマーベラス賞を受賞されたオカミキコさんの個展です。
芸大の裏手にある有形文化財【市田邸】にて開催されました。邸内随所にさかさことば(回文)絵本とオブジェが展示されていました。
オカミキコさんの紙芝居の実演を、来客がお菓子を食べながら楽しむことも出来ました。

★第27回紙わざ大賞入賞作品展で 東京展会員の石井正樹さんが、Pam賞とキッズアカデミー賞の二つをW受賞されました。
会場を埋め尽くす紙を素材とした作品の数々。非常にレベルの高い優れた作品が次から次へと並び、各来場者は目が釘づけとなっているようでした。東京交通会館2Fギャラリーにて

★2017年 第43回 美術の祭典・東京展 受賞作品、会場風景をUPしました。(10/23更新)リンク

★2017年10月9日(月・祝)ギャラリートークが開催されました。
多くの方々のご参加、御礼申し上げます。
参加者の熱心な語りと、担当の齋藤鐵心さんの話が分かりやすいと好評でした。参加された方々も大変満足されていました。

★美術評論家 多摩美術大学学長 建畠 晢講演会「国際展から見る日本の現代美術」が開催されました。内容が豊富なので、詳細は後日まとめて別ページにてご報告いたします。


★2017年10月7日(土)美術の祭典・東京展 コミックアート展示室にて、イラストレーターのりいちゅさんによるライブペインティングが開催されました。
当日は雨天にもかかわらず、多くの参加者が、りいちゅさんのライブペインティングを体験されていました。

★山下晃伸写真展 東京・銀座 富士フォトギャラリー
読売新聞、日本カメラなどでも紹介されている新進の写真家の作品展です。
全国300か所以上で撮影された写真の中から、最新の作品が選ばれて展示されています。夜の公園の恐竜などの遊具を長時間露光で捉えた作品は、観る人を不思議な世界へと誘います。

★東京展のFacebookページが出来ました。→ここをクリック
Facebookメンバーでない人も見ることが出来ます。

★グルグルハウス、アートレジデンスのメロンパスさんからお便りが届きました。

東京展コミックアート部門のメロンパス(足立 知仁)と申します。
7月1日より1年間、グルグルハウス高柳(新潟県柏崎市高柳町)でアートレジデンスをしております。
9月からはレジデンスギャラリーよねやま(貸ギャラリー)にてオープンアトリエを開催し、公開制作および常設展示を行います。機会がございましたら、ぜひお越しくださいませ。

★田所一紘さん個展『人間 存在』での『悠久・旅人』2017/08/20は、会場に入りきれない程の沢山のお客様にご来場いただきました。
田所さんの美しい作品に囲まれた中での演奏は、素晴らしい出演者とご一緒させていただけたこともあり、とても幸せな時間を過ごすことができました。

(杵淵三朗さんのブログより)

★東京展会員用の掲示板が出来ました。皆さんご活用下さい。ご意見ご要望など書き込んで自由に各自ディスカッションして下さい。
ハンドルネーム、本名などネーミング自由です。パスワードを設定してからお入り下さい。
トップページ左メニュー最下段に入口ボタンがあります。

★アートスペース銀座ワンで、サロンど東京展サマーフェスタが開催されました。東京展会員が多数参加している恒例の小品展です。歴史ある文化財的なビルの部屋に40名以上が参集する賑やかな展覧会です。初めて展覧会に出品してみたという人や、新しい試みを実験してみたいというベテランの方も参加していました。

★ホームページのデザインが変わりました。
ホームページに載せたいニュースや個展・グループ展などの情報をホームページ係(明輪勇作)までお寄せください。
  メールはこちらです

美術の祭典・東京展

初めて出品をお考えの方、奮って東京展にご応募下さい。大歓迎致します。
展覧会では物故作家の顕彰個展や講演会など、さまざまな催しがあります。コミックアート部門は、他の公募展にはない東京展唯一独自の展示です。絵本の会場はとても広く、手作り絵本の展覧会では日本最大規模です。
会場がとても広いです!フロア全部が美術の祭典・東京展です!
出品者は一人5メートルのスペースを使うことが出来ます。

       


       
美術の祭典・神奈川展   美術の祭典・関西展 新潟展  美術の祭典・多摩展 


Copyright Tokyoten all rights reserved.